[スポンサードリンク]

登録者販売試験の合格率

うちの業界で言われている噂では、
厚生労働省
登録販売者試験の受験者うち、8割の人が合格できる問題を
都道府県に作らせる』
と言っているそうなんです。
合格率は8割!!


・・・ということは、
受験者にはおじいちゃんもたくさんいるので、

試験テクニックに長けた猛者が8割合格できるような問題!!ではなく、

試験テクニックに・・・!?な おじいちゃんが受験しても

8割が合格できる程度の、

超超超簡単な問題が作成されるのだと噂されています。

しかも、ガイドラインから外れた問題を作ったら

うちの業界が黙ってはいない!!とも言われているため、


ガイドラインだけでも読んでおけば合格できる試験内容』になるはず!!

次回は、soon登録販売者試験の必勝勉強法についてお話します。

* ブログランキングに参加中です!
☆人気ブログランキング☆

こちら ↑ 応援クリックしてくれると嬉しいです(^○^)

★解きながら覚える!登録販売者受験 通信講座

★登録販売者の資格ならシカトル

★登録販売者 受験対策講座 多数あります♪

★3日で絶対合格-登録販売者試験-登録販売者参考書一覧のショッピングはコチラ♪

posted by さくら at 22:39 | Comment(4) | 登録販売者試験合格率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうなんですよね〜。
業界が欲しいのは薬の専門家ではなくって、大量の低賃金労働者なんだよね〜。
大都市ではグレーゾーンでも合格させてもらえそうですけど、とある田舎の県の薬務課では「当県には十分な薬剤師と薬種商が存在しておりますので、今回大量の合格者など必要ありません。」とのことで、願書受付の段階から、信じられないことを色々とやってくれております。(爆)
Posted by Alice at 2008年07月26日 00:10
Aliceさん いつもコメントありがとうございます。

私の上司の話によると、
一部を除いて試験内容は各地区で統一になるようです。
そんなわけで、田舎の薬務課がどれだけがんばっても
意味がない・・・そうですよ。
業界の情報誌を見ていても、厚生労働省は業界(おかかえの先生方)の
言いなりっぽいです。
そんなこんなで、子会社が悪あがきをする理由がよくわからないですよね〜。
結局はどこで受験しても「合格すれば勝ち!」ということで(*^^)v
Posted by さくら at 2008年07月26日 10:55
今回合格率がもっとも低かったT県に住んでいます。
「田舎の薬務課がどれだけ頑張っても・・・」と読んで 安心しました。一回目あれだけの合格率の差に驚きました。私の知り合いも落ちてしまいました。
Posted by みみこ at 2009年03月31日 17:42
返事が遅くなってごめんなさいね。

「うわさ」によると、T県は受験者の平均年齢が高かったのではないかと言われています。

「勉強さえすれば合格できる!」と言われている登録販売者試験も、高齢の方だと難しかったのかもしれませんね(^_^;)
Posted by さくら at 2009年06月07日 13:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

3日で絶対合格〜登録販売者試験コンテンツ一覧

HOME

登録販売者とは

登録販売者試験

登録販売者と医薬品・薬種商試験について

医薬品のネット販売について

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。