[スポンサードリンク]

第1類医薬品と第2類医薬品の販売方法が違う理由

第1類医薬品と第2類医薬品の販売方法が違う理由について調べてみました。

第1類医薬品は
もともと病院で使われていた薬も含まれるので、
副作用等のリスクが他の医薬品に比べて高い・・・


そのため、オーバーザカウンター、
つまり、『薬剤師がカウンター越しに販売』することになっています。


第1類医薬品についてのみ、
『店頭には並べずに、カウンターの後ろに陳列する』
ということになるようですね。
(リアップのような育毛剤は買いにくくなりますね。)


第2類医薬品は
『薬剤師か登録販売者が説明してから販売する』ことになるようです。


では、今後インターネットでの医薬品販売はどうなるのでしょうか?

次回はsoonインターネットで販売できる医薬品』についてです。

☆人気ブログランキング☆
こちら ↑ をポチッとクリックして下さると嬉しいです(^O^)
いつも応援クリックありがとうございます! 

★解きながら覚える!登録販売者受験 通信講座

★登録販売者の資格ならシカトル

★登録販売者 受験対策講座 多数あります♪

★3日で絶対合格-登録販売者試験-登録販売者参考書一覧のショッピングはコチラ♪

posted by さくら at 00:00 | Comment(0) | 医薬品販売方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

3日で絶対合格〜登録販売者試験コンテンツ一覧

HOME

登録販売者とは

登録販売者試験

登録販売者と医薬品・薬種商試験について

医薬品のネット販売について

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。